スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一切経山

一切経山の登山口がある浄土平がある
スカイラインが明後日にもう、来年まで雪のため閉鎖になるため
ラストチャンスの週末。登ってきた。

先週は連日遅く、土曜日も仕事してそのあとマンションの
話し合いに挑み、ぐったりしていた上に、
会社のチームのメンバーも連日遅かったので、
急遽、わたしの家でお好み焼きパーティーを昨日遅くまでしたから
起きれるか心配だったけど、

起きれるんですよねー。やっぱり。
むしろ目覚めもよく、るんるんと出発した。

最近定着しつつある、オンナ二人組で(苦笑)

我が家から2時間の道のり。



スカイラインは深夜に凍結の恐れがあるため
7時からゲートがあくので、そのころ目安に行ったら
ゲートに7時1分につくというぴったりぶりに
何か良い予感を感じつつ、

進んで行くと、目の前に広がる
景色にもう心臓がドキドキ。

車を止めれなかったから
写真をとれずに残念なんだけど、
今まで登山口につくまでにこんなに胸きゅんしたことないぞ!
ってくらい、もうどきどき。。



頭の中にはぜんぜんオンタイムでもないし
ファンでもないのに

一世風靡セピア(※音出ます)の
ソイヤ!ソイヤ!」と回りだすほどの
大自然の雄々しさを感じる景色を味わいつつ、
浄土平(登山口の駐車場)を目指した。





7時30分ごろつき、まずは
軽くこちらを見学。
駐車場から10分くらい歩くと見れる。

764.jpg


本当は一周回る気だったんだけど、
強風で、吹き飛ばされそうになるので
このままではあこがふっとんじゃうんじゃないかと
写真をとって退散。

765.jpg


(一切経山から降りる途中、必死で撮った写真)
近くで見るのもいいけど、遠くから見るのもすてきだ。

766.jpg


そして一旦駐車場に戻り、一切経山を目指した。

767.jpg


今日のコースは
酸ヶ平湿原→一切経山→東吾妻山を縦走しようという計画。
天気もよく、風が強いのが気になったけど、出発した。

768.jpg



火山なのに、道中の自然の色の配色はすばらしく


769.jpg


道は舗装されているし、人もほとんどいなかったし、
勾配もきつくないので、写真と撮りつつゆっくり歩いていると


770.jpg



なんだかだんだん風が強くなる。。


771.jpg


まっすぐ歩くことができないほど。。

772.jpg


体重が軽くて体の小さいあこよりも
空気抵抗バンバンうける私の方が、ふきとばされるんだなーと

そんなことを考えつつ、必死で前へ前へ。

773.jpg


ようやく避難小屋。

避難小屋から山頂まではあと一歩。
道はあまり舗装されていない。


774.jpg


ここから一転。。。(写真も避難小屋から上は一枚も撮れず。。)

霧で視界が一気に遮られ、
霧雨がふり、

そして何より、もう風が強すぎて
飛んでしまいそう。。

山頂からおりてきた人とすれ違いさま
「あとどのくらいで山頂ですか?」と聞いたら
10分くらいと言ったので



10分だったら、ここまで来たし頑張るか。。
と思ったけど






頭の中に
「引き返す勇気」という言葉が浮かび





山頂まで行かずに
その地点から引き返した。




山行って山頂に行かなかったのは初です。。




もしかしたらあの強風と視界がほとんどない中、
ひとりだったら突き進んだかもしれない。



でもあこを危険にさらすわけにはいかないので
「引き返す勇気」という言葉が浮かんですぐ、


あこをスリングに入れて
(視界が悪く霧雨だったので)
下山した。



結果この判断は正しかったと思う。
車について、10分くらいしたら雨が強くなった。



もしあのまま山頂目指したら
きっと危険だったろうと思う。

下山途中、何人も登って行く人を見たけど。。
わたしはやっぱりまだまだ初心者なので。。




無理は禁物ですね。



登山後友人と会う予定だったんだけど
登山口から1時間ほどでつくところだったので

時間が余ったわたしは
ゆっくり温泉につかって

友人宅へ行きました。

山頂にはたどり着けなかったけど
来年への楽しみだと思うことにし、

ゆっくり温泉につかってリフレッシュしたので

やっぱり引き返してよかったと

温泉の中でぼんやり思った。

スポンサーサイト

テーマ : 犬。それもパグ犬。
ジャンル : ペット

オモイデノブンリョウ

先週五色沼に行ったとき、紅葉がまだピークにまで
達してなかったから、磐梯山も紅葉があるのかなー
なんて、わくわくしながら、またオンナ二人で
でかけてきました。


磐梯山へ。







ここは人気の山で駐車場がすぐにいっぱいになるのと
犬連れだからなるべく人が少ない時間に。。と

朝4時に自宅を出発し、日の出待ちを駐車場でしました。

わたしの家の方は、5時30分くらいから明るくなるけど
磐梯山は6時くらいに明るくなったので

6時登頂開始。



746.jpg


すっかり冬支度をはじめてましたー。
磐梯山。

標高高いから当たり前なのに
少しは紅葉残ってるかな♪なんて思ってたけど

もう登山口からすでに葉は落ちていました。


この写真のてっぺんを目指します。


747.jpg


ここからが本格的に登山が始まるのですが
(登山口から30分弱くらいかな?)

もう霜がおりていて
かなり寒い。



748.jpg


さて、今回もあこと二人で出かけたのですが

タイトルにもあるように、

わたしは多頭飼いをしている人は考えたことあるかな?
って思うけど

ずっと

「家族の思い出の共有」にこだわってきました。


当然、ちいことあこはいつも一緒に連れて歩いて
同じだけの思い出を作ってあげたいとずっと思ってきたのです。

最近寒さが増すにつれ、ちいこはますます
平日散歩は嫌がるようになり、
(1日40分程度なのに)

リードをつけるとしっぽを垂れる始末。。


よっぽど歩くの嫌なんだなーと思うんだけど
(車ででかけるときはテンションあがってる)

やっぱり運動不足は駄目だと思うから
よっぽど嫌がるときはやめるけど

だいたい散歩に連れ出している。


ちなみに、あこはリード見せるだけで
飛び跳ねて大興奮。しっぽフリフリ全開。



749.jpg




「思い出の共有」にこだわって
往復4時間はきついかなというのと、

あこは歩くにしても、ちいこが歩かなくなる場合を
考えると、人気の山で、
ちいこをスリングにいれて抱っこしながら

あこをリードをひくのはきついかなと考えて
留守番にしました。


755.jpg




でも、妙な罪悪感が頭をかすめるんですよね。。

あこは行けるのに、ちいこが留守番で
それの方が、ちいこはかわいそうかなーとか

ひとりで留守番さびしくないかなーとか。。



(↓山頂が近づくにつれ、ラスト1時間くらいはこんな感じの道がところどころあらわれます)
750.jpg




この標識がある山頂までラスト30分ちょっとのところに
山小屋があり、

とても気のいいおじさんがいて、

「小屋に犬はいってもいいよー」と言ってくれたので
山頂まで行った帰りによることにして
とりあえず山頂を目指します。

このラストの急勾配が結構きつい。

疲れてる上に、勾配がきついから
急速にピッチが落ちる。

しかも、岩が凍ってるので足下も慎重になります。

歩いてるときに暑くて脱いだ上着を
あわてて着込むほど
気温もぐっとおちます。


757.jpg


山頂へ。

昨日は誰もいない山頂だった。

ひとりおりてくる人とすれ違ったから
昨日二人目のゴールだったのかな。


751.jpg


景色もガスがほとんどなくとてもきれいだったんだけど

風が強いのと、寒いので、あこが心配になってきて

山頂にいた時間、1分少々(苦笑)

あわてて、山小屋にひきかえしたよ。


752.jpg


小屋でぜんざいを食べて

あことふたりでしばしの休憩。

山小屋のおじさんはとても気さくな人で
山についていろいろ話してくれたり

若いときに大阪に出張で長期でいたことがあるらしく
大阪についていろいろ話したり。


753.jpg


でも、あまりゆっくりしていたら
下山ですれ違う人も多くなるので

20分ほど、甘くてあたたかいぜんざいで体力を
回復させて、下山。

もう寒いせいか、以前登ったときとくらべたら
ぜんぜんすれ違う人は減ったけど、

道がせまいので何度か立ち止まって、道のゆずりあい。

今回も
友好的な人たちばかりに出会い、みんな
「わんちゃんえらいねー」ってニコニコしてくれました。


みんなにほめられるたび、ちょっと疲れてるあこは
そのたびにテンションがあがり、足取りが軽くなるのが
おもしろかった。

やっぱり犬も人間もほめられると
うれしいんですね。


754.jpg



6時に登り始めて、下山したのは9時30分前。

ちょっとぴっちをあげて、上り下りしすぎたかも。
通常は上りが2時間ちょっと、くだりが1時間半くらいかな。

下山後、なんとなく紅葉が見たいというのと
時間もまだ早かったので、

「日本名水100選」にも選ばれている小野川不動滝へ。




758.jpg



登山口から車で30分くらいかな。

滝へ続く道には紅葉が残っていて、
ああ、きれいだなーと、

ちょっと疲れてたけど、体力が回復するおもいです。


759.jpg

ほんと「四季」ってすてきだなーと思う。

760.jpg


まあ、さすがに石段は結構しんどくて
一段一段ゆっくりのぼりました。


761.jpg



先週がピークだったらしく、
ちょっと残念だったけど、何度見てもいい滝です。


762.jpg


そろそろ東北は本格的に冬支度をはじめるので
わたしの山登りも来月で今年はしばらくおわりかなーと
思うとちょっとさびしいけど

今日はかなり全身痛いので(苦笑)

冬の間もがんばって体力と筋力つけないと!


テーマ : 犬。それもパグ犬。
ジャンル : ペット

五色沼自然探勝路

今日も雨の予報だったのに
天気予報を朝起きてチェックすると、曇りながらも
雨はまぬがれそうなので、急遽五色沼へ。


家から1時間ちょっとでいけるのに
毘沙門沼をはじめとした神秘的な湖沼群をめぐる、
裏磐梯を代表する人気コースである「五色沼自然探勝路」には
一度も行ったことがなかった。

前日かなり雨が終日降ってたので道がかなり悪くなってるだろうなと
ぬかるみは断固歩くことを拒否するちいこは留守番させて




オンナ二人で出発。








↓一緒に行ったオンナ




青空は拝めなかったけど

沼はいい感じに青くて、とってもきれいだったよ。

741.jpg


それぞれの沼は全部青いんだけど
微妙に表情が違うから

それぞれにきれい。


青空だったらキラキラ反射してもっときれかったんだろうなぁ。。
残念。

742.jpg


五色沼周辺は紅葉のオンシーズンで想像以上の人。
「五色沼自然探勝路」はお手軽だし、行列をなしてる感じなんだけど

最初の毘沙門沼までは「こんな人で大丈夫か?」って心配したけど

だいたいの人はこの辺で引き返すみたいであとはすいすい行けたから
たすかった。。。



743.jpg737.jpg
736.jpg738.jpg


道は全体舗装されているし、犬連れもかなりいたし

人がいっぱいだったけど、「犬連れ」ということで肩身を狭くする
こともなかったし

すれ違う人たちも友好的だった。

730.jpg


正直、嫌な顔する人もいるからね。
友好的だとほっとする。



マナーをきちんと守り、すれ違うときは
抱っこしたり、道を譲ったりしているけど

犬を連れていない人には
「犬連れ」っていうひとくくりにされちゃうので


マナーの悪い人に遭遇したことがあると
「悪」って見なされること、多いからね。。


733.jpg


紅葉はわたしの好きな緑がところどころ残って

緑、赤、オレンジ、黄色のグラデーションがきれい。

ただ見とれてると、ぬかるみにやられちゃうから、足元見つつの
沼見つつの、紅葉を見つつの、

なんだかキョロキョロしてた(笑)


735.jpg


だいたい、福島県の紅葉の見頃は10月下旬までが多いから
来週にはもうピークすぎちゃうかなーなんて思ってたけど

今日の様子をみたら、まだ紅葉を楽しめそうだから

来週は先日登った磐梯山にまた登りたいなーと思った。

731.jpg


同じ山に2度登ったことはないけど、ほんと、磐梯山気に入って
ぜひ紅葉を見てみたんだよね。

写真で見るだけで感動したもん
(山小屋に四季の磐梯山の写真が飾ってあった)

732.jpg


わたしは昔から秋が一番季節で好き。

年末に向かう慌ただしい中にも活気づくクリスマスや正月に向かう
ウキウキ感に世間が包まれ

眩しくてギラギラした夏から
寒くてつらい冬に向かうまでのブレイクダウンした季節が

なんだか愛おしんだよね。。

これで日が長かったら最高。

734.jpg


東北の短い秋をゆっくりたのしむぞぃ。

テーマ : 犬。それもパグ犬。
ジャンル : ペット

袋田の滝と芋煮会

連休初日、もう1年以上前からずっと行きたいと思いつつ
行ってなかった袋田の滝へ友人と行ってきた。

というのは、連休中日に開催された山形の芋煮会に
急遽行くことを決めたのはいいけど、

ひとりで長距離高速道路未体験、
2パグズをひとりで車に乗せるの未体験

なわたしは不安の塊で、

急に、友人に「パグズと長距離運転の練習につきあって!」
とお願いし、家から2時間弱の茨城県大子町へ行ったのです。



結果、
「大丈夫」と自信を持った。



こうやって、ヒトはひとりで出来ることが増えていくんだなーと
妙に大きなスケールで物思いにふけり


それがうれしかったり、ちょっぴり切なかったり。。




袋田の滝を見つつ、月居山のハイキングコースへ。





写真じゃうまく伝わらないのが残念だけど、

大迫力で、四季によって違う顔を見せるであろう滝の
姿を見てみたいなと思った滝だった。

今回は袋田の滝を最初に見つつ、月居山のハイキングコースへ
行ったんだけど、最初の急な鉄階段から

上り全般、急な石段だったから

距離も時間も短いはずなのに

上りの間中、しんどくて、なんどか心が折れかけた。

(私より心が折れている友人と、ちいこ)
715.jpg


でも不思議なもんで、このくらいの疲れがないと
物足りなかったりするから、まあいいんだけどね。

(余裕しゃくしゃくのあこ)
716.jpg


袋田の滝だけを見るのは一瞬で終わるし
(駐車場から5分くらいで滝)

717.jpg

一応滝周辺がお土産屋さんとか
おそば屋さんとか並んでるけど
すぐに見終わる感じ。

だから2時間ちょっと歩いて、おなかすかせて
おそばを食べて、日帰り温泉に入って帰る。。みたいなコースが
おすすめ。

718.jpg

今回「失敗したなー」って思ったのは
最初に袋田の滝を見て、月居山ハイキングコースに入っていく
コースだったんだけど

逆の方がいいと思う。

石段が高さがあり、急だから、上りはひたすらになっちゃうし

最初に滝も見ちゃうし。

逆のコースは入り口がわかりずらいかも。
お店の脇をはいって、急に始まる感じだから。

行く人はぜひ調べていってみてください。

719.jpg




さてさて。昨日は山形の芋煮会へ。

720.jpg


明日で震災から7ヶ月が経とうとしてる。

今月からようやく、会社の休業体制がなくなり
通常勤務となった。


マンションも調査が進みつつある。



福島県全体でいえば、緊急時避難準備区域が解除となり
広野町に電車が通った。


全体的にいい方向に進みつつあるのに


震災を3ヶ月過ぎたあたりからの、自分の気持ちのつかみ所のなさに
自分で戸惑っていたりで

芋煮会に行くだけの気持ちの余裕がもてなかったんだけど

結果

本当に本当に行ってよかった。


721.jpg


ママロー、パパローや準備をしてくださった皆様、ありがとう。


初めましての皆様や、お久しぶりのみんなに会えて
すごくうれしかったし、


心の中の何ともいえない空洞にすごく温かい風が吹いた感じがしたよ。


722.jpg


最近、いつもの散歩コース以外、遠出をしてなかったちいことあこにも
思い出を作ってあげれたのも、自己満足ながら良かった。





まだまだ


泣きたくなったり


悲観的になったり


ぜんぶ投げ出したくなったりするけど





がんばろうって思えた休日でした。






テーマ : 犬。それもパグ犬。
ジャンル : ペット

磐梯山

この連休、オーストラリアから
弟夫婦が戻って来てるんだけど

前々から予定をいれていたので
悪いなぁと思いつつも、
(結局一日中空けれる日がないままお別れになりそうだし。。)

今日は磐梯山に登ってきた。
6カ所からのアプローチができるのですが
ネットで調べると
八方台登山口が一番初心者向けっぽかったから
こちらから登る事にした。








ここはすごーく有名な山だから
前回の茶臼岳であまりに人が多かった記憶が
鮮明だったので、パグズはお留守番。

友人とふたり登山です。

朝4時30分に地元を出発し、登山口についたのは
6時前。
準備をして6時出発。



706.jpg


駐車場はまばらで「思ったより少ないのかも?」
なんて思いながらで、ゆっくり登り始めた。

わたし、この山かなり気に入った!

変化に富んだ道で飽きなくて
アップダウンも少なめ。

ただ山頂までラスト30分は、勾配がありつつ
疲れも手伝ってかなりきつかったけど。。

眺望も雲海を望めたり

有名なわりには観光地化されすぎてない
感じもかなりいい感じ♪



707.jpg



上りはほとんど人に会う事無く登ったけど
帰りは何度も立ち止まるほど
かなりの人だった。。
(登山口の駐車場は警備員がでていた。。)

登り終わっての感想は
やっぱりパグズは留守番で正解だったかな。。

一緒に登りたい気持ちはあるけど

パグズに負担をかけるのはやっぱり。。ね。


708.jpg



留守番で正解だったと思う理由

その1 登りは早朝にでかけることで
混雑をさけられるけど、くだりはかなりの人。
しかも、道が狭いので、パグズがいたら、だっこになったかな。。

その2 ところどころ、大きい岩や木の根っこがあり
パグズがいたら、だっこじゃないと登れないかも。

その3 暑かった!頂上はもちろん寒かったけど
今年は残暑がきびしいからね。(下界の温度は33度だった。。)



709.jpg



天気予報に反して
今日は晴れたので、よかったー。
(雨女の汚名返上かな?)

山頂もガスがかかってなくて
猪苗代湖もきれいにみれて

道中は檜原湖なんかも見えたよ。


710.jpg


今回は上りに2時間半(だいたいタイムコース内かな)

下りにも2時間半を要した。

人が来るたびに立ち止まってたからね。


711.jpg


山頂や小屋で休憩したりもして
登山口についたのは11時30分。


712.jpg


こんな素敵な景色を見て、しかもまだ昼前って
得した感じの有意義なトレッキングだったよ。


713.jpg



紅葉もとても有名だからまた行きたいけど

すごい人なんだろうな。。。




テーマ : 犬。それもパグ犬。
ジャンル : ペット

プロフィール

りんこ

Author:りんこ
(大阪出身、東北在住)
好きな言葉:お好み焼きにはご飯でしょ
特技:怒った2秒後に笑う
座右の銘:人生は一度きり

●りんこの旦那
生粋の東北人
意外にシャイで意外に大胆

●ちいこ(黒パグ:女の子)
平成19年1月18日埼玉県生まれ
好きな食べ物:ヨーグルト
特技:意地悪顔
座右の銘:明日は明日の風が吹く


●あこ(フォーン:女の子)
平成21年2月17日宮城県生まれ
好きな食べ物:野菜以外全て
特技:しつこい
座右の銘:七転び八起き

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。